所員紹介詳細

富安 亮子/ 准教授



富安  亮子/トミヤス  リョウコ 富安 亮子 / トミヤス リョウコ(准教授) 研究者情報 数論の中でも格子・2次形式の理論・応用に関心を持って研究しています。
2011-2014年に、実験データから格子決定を行う際に使えるいくつかの計算手法を提案し、高エネ研の研究者と協力してCONOGRAPHというソフトウェアを開発しました。CONOGRAPHがきっかけとなり、数理結晶学の問題に関わる共同研究をこれまで実施しています。応用を通して、様々な格子・離散的点配置や数値計算上の様々な問題が見つかるので、そういった問題を数論、調和解析、最適化手法を用いて解決することを行ってます。

キーワード 応用代数,格子,2次形式,テータ級数,周期・非周期パッキング,調和解析,表現論,群論,整数論,数理結晶学,数理最適化
部 門 数学理論先進ソフトウェア開発室