研究集会・ワークショップ・国際会議



研究集会・ワークショップ・国際会議(一覧)

シェル理論・膜理論への微分幾何学からのアプローチとその建築曲面設計への応用


開催時期 2021-02-18 10:00~2021-03-20 17:00

場所 Zoomウェビナーによるオンライン開催

※この研究集会はマス・フォア・インダストリ研究所 共同利用研究の公開プログラムです.

※Zoomによるオンラインで開催されます.

研究代表者

京都大学大学院工学研究科建築学専攻・大学院生

早川 健太郎

 

2020年度採択 若手研究-短期共同研究

※研究実施期間:2021年2月18日(木)-3月20日(土)

※各日午後と3月12日(火)終日は非公開

プログラム

 【主要言語:日本語】

 

第1回:2月18日(木)10:00 - 12:00 

講演者:軸丸 芳揮(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所)

講演内容:シェル理論・膜理論に向けた可積分幾何1:曲面の基本理論とシェルの釣り合い方程式

(午後非公開) 

 

第2回:2月27日(土)10:00 – 12:00 

講演者:軸丸 芳揮(九州大学マス・フォア・インダストリ研究所)

講演内容:シェル理論・膜理論に向けた可積分幾何2:膜の釣り合い方程式とRogers-Schief理論

 (午後非公開) 

 

第3回:3月6日(土)10:00 – 12:00 

講演者:横須賀 洋平(鹿児島大学学術研究院理工学域工学系)

講演内容:埋め込み座標による非線形有限要素法 ー膜要素ー

 (午後非公開) 

 

第4回:3月12日(金)全日非公開

 

第5回:3月20日(土)15:00 – 17:00(予定) 

講演者:早川 健太郎(京都大学大学院工学研究科建築学専攻)

講演内容:研究総括:微分幾何学からのシェル理論・膜理論とその建築曲面設計への応用可能性(仮題)

(午前〜15:00非公開) 

 

申込方法

参加無料

事前申込制(Zoomウェビナー500名まで)

 

\下記URLより参加登録をお願いいたします/

https://forms.gle/woG2FyqRcxbMwQFn7

 

参加登録後に件名「【重要】Zoom用URLのお知らせ」というメールがimikyoten@gmail.comから自動配信されます。

届いていない方は、お手数をおかけしますがもう一度ご登録いただくか下記にメールにてご連絡をお願い申し上げます。

(迷惑メールフォルダもご確認お願いいたします)

 

<九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 共同利用・共同研究拠点事務室>

imikyoten@jimu.kyushu-u.ac.jp

Zoomからご参加の方

開催日までにZoomアプリをインストールしてください。

Zoomアプリは無料版で問題なくご視聴いただけます。

 

ミーティング用Zoomクライアントのダウンロードは下記からお願いします。

すでにインストールされている方は最新版にアップデートをお願いいたします。

https://zoom.us/download#client_4meeting

 

パソコンやスマホへのインストール方法は下記をご参照ください。

https://zoom.nissho-ele.co.jp/blog/manual/zoom-install.html