共同利用

公募案内



本研究所は日本初の産業数学の研究所であり,多様な数学研究に基礎を置く,新しい産学連携の拠点として平成23年4月に附置研究所として設立されました.平成25年4月には文部科学大臣から共同利用・共同研究拠点「産業数学の先進的・基礎的共同研究拠点」に認定され,理念である「マス・フォア・インダストリ」の具現化を推進しているところです.拠点の中核事業の一つとして,本研究所では公募制の共同利用研究事業を実施しています.年に1回(11月〜1月頃)研究計画を公募しています.

     現在,新規の公募は行っておりません.応募されても受付できません.



応募に必要な情報は以下の通りです.
なお,採択された研究計画について,*のついた項目は本ウェブページで公開される予定です.

・研究計画題目*
・種別*(研究集会Ⅰ,Ⅱ,短期共同研究または短期研究員)
・研究代表者の氏名*,所属*および部局名,職名*,連絡先,e-mailアドレス,連絡先電話番号など
・旅費希望額
・研究実施期間(第3希望まで入力すること)
・組織委員(研究集会ⅠもしくはⅡの場合),または参加者(短期共同研究の場合)の氏名*,所属*,職名*
・主な招待講演者(研究集会ⅠもしくはⅡの場合のみ)の氏名,所属,職名
・研究計画に専門分野が関係する本研究所員の氏名(複数可,該当がない場合記入しなくてもよい)
・目的と期待される成果*(詳細に記入すること.500字~700字程度.)
・関連する研究の経過(300字~400字程度.)
・具体的な計画(日程やプログラムの具体的な編成方針,経費の使用計画なども含む.300字~400字程度.)
・参加予定者の主要な関連する研究業績(5件程度)
・研究分野のキーワード*(複数可)
・備考(共催機関など)
   [ 若手研究に応募する場合のみ ]
・履歴書(写真不要,学歴は学部卒業以降でよい)
・研究業績リスト(論文,口頭発表,特許,受賞歴など)


    公募する研究種目

    詳細については公募要領をご覧ください.

    ●募集する研究種別
    (1)プロジェクト研究  :特定のテーマに関する研究計画を公募します.
           平成30年度テーマ「データサイエンスの進展とデータアナリティックスの拡大」
           プロジェクト代表者:松岡英俊((株)富士通研究所),西井龍映(九州大学)

    (2)若手研究        :研究代表者として平成30年4月1日時点で博士号取得後
                                  5年以下の若手研究者を対象に公募を行います.

    (3)一般研究        :研究分野を特に指定せずに公募します.


    ●研究種別ごとの研究種目
       プロジェクト研究は2つの種目を,若手研究は1つの種目を,一般研究は4つの種目を公募 します.

  • プロジェクト研究_短期共同研究
  • 特定のテーマに関する研究計画を公募します.
    本研究所において,数名のグループで1週間程度の実質的な共同研究を行うものです.研究テーマとして,個々の企業の知的財産に直結するような狭い問題よりは,複数の企業や研究機関の研究者が協力して取り組めるような,ある程度の普遍性をもった問題を重視します.また,産学連携を推進するために原則として産業界からの参加者を含めることとし,共同研究実施中に講演などの一部を公開できるように計画してください.研究終了後には研究代表者にA4で10ページ程度の成果報告書を提出していただきます.
  • プロジェクト研究_短期研究員
  • 特定のテーマに関する研究計画を公募します.
    本研究所に1週間から2週間程度滞在し,本研究所を中心とする九州大学に所属する教員と緊密に連絡を取りながら単独での研究ないしは共同研究を行うものです.研究テーマとして,短期共同研究や研究集会につながることが期待されるような萌芽的な課題,あるいは企業等での研究開発現場で生起した,集中的な共同研究が問題の解決やその糸口につながるような課題など,近い将来,産業数学や産学連携の新たなシーズとなるような課題を歓迎します.応募の際は,予め関係する本研究所または九州大学の他部局の研究者と連絡を取り,協議をした上で計画を立てて下さい.研究終了後には,A4で5ページ程度の成果報告書を提出していただきます.
  • 若手研究_短期共同研究
  • 研究代表者として平成30年4月1日時点で博士号取得後5年以下の若手研究者を対象に公募を行います.
    本研究所において,数名のグループで1週間程度の実質的な共同研究を行うものです.研究テーマとして新しい発想に基づく挑戦的なものを期待しますが,将来の産学連携のシーズとなることを志向した萌芽的なものも歓迎します.これまでの研究経過や実績は重視しません.また,産学連携を推進するために原則として産業界からの参加者を含めることとし,共同研究実施中に講演などの一部を公開できるように計画してください.申請時点で産業界からの参加者がなくても構いませんが,採択後,本研究所が適当な産業界の研究者を参加者もしくはアドバイザーとして紹介します.研究終了後には研究代表者にA4で10ページ程度の成果報告書を提出していただきます.
  • 一般研究_研究集会(I)
  • 研究分野を特に指定せずに公募します.
    本研究所もしくは九州大学の施設において,数日間の研究集会を公開で行うものです.内容や規模に応じて(I), (II)の2種に分かれていますが,研究テーマが課題として認知され,産学連携も視野に入れた展開が可能なものを主としてこのカテゴリーで審査します.組織委員会の委員と講演者には,それぞれ産業界からの参加を必須とします.また国際連携を進めるため,招待講演者として外国人を1名以上含めることが望ましいです.研究集会終了後には研究代表者にA4で2ページ程度の成果報告書を提出していただき,また,会議録を出版していただきます.会議録は原則として本研究所のウェブページで公開します.旅費,会場費,ポスター作成,会議録の出版などの経費を本研究所が負担します.
  • 一般研究_研究集会(II)
  • 研究分野を特に指定せずに公募します.
    本研究所の施設において,数日間の研究集会を公開で行うものです.研究テーマが研究集会(I)よりは萌芽的な色彩が強いものをこのカテゴリーで審査します.組織委員会の委員と講演者には,それぞれ産業界からの参加を必須とします.また国際連携を進めるため,招待講演者として外国人を1名以上含めることが望ましいです.研究集会終了後には研究代表者にA4で2ページ程度の成果報告書を提出していただき,また,会議録を出版していただきます.会議録は原則として本研究所のウェブページで公開します.旅費と会議録の出版などの経費を本研究所が負担します.
  • 一般研究_短期共同研究
  • 研究分野を特に指定せずに公募します.
    本研究所において,数名のグループで1週間程度の実質的な共同研究を行うものです.研究テーマとして,個々の企業の知的財産に直結するような狭い問題よりは,複数の企業や研究機関の研究者が協力して取り組めるような,ある程度の普遍性をもった問題を重視します.また,産学連携を推進するために原則として産業界からの参加者を含めることとし,共同研究実施中に講演などの一部を公開できるように計画してください.ただし,研究発表が主となるような計画は上記の研究集会のカテゴリーに応募してください.研究終了後には研究代表者にA4で10ページ程度の成果報告書を提出していただきます.
  • 一般研究_短期研究員
  • 研究分野を特に指定せずに公募します.
    本研究所に1週間から2週間程度滞在し,本研究所を中心とする九州大学に所属する教員と緊密に連絡を取りながら単独での研究ないしは共同研究を行うものです.研究テーマとして,短期共同研究や研究集会につながることが期待されるような萌芽的な課題,あるいは企業等での研究開発現場で生起した,集中的な共同研究が問題の解決やその糸口につながるような課題など,近い将来,産業数学や産学連携の新たなシーズとなるような課題を歓迎します.応募の際は,予め関係する本研究所または九州大学の他部局の研究者と連絡を取り,協議をした上で計画を立てて下さい.研究終了後には,A4で5ページ程度の成果報告書を提出していただきます.
  • 若手研究_短期研究員
  • 平成30年4月1日時点で博士号取得後5年以下の若手研究者を対象に公募を行います.
    本研究所に1週間から2週間程度滞在し,本研究所を中心とする九州大学に所属する教員と緊密に連絡を取りながら単独での研究ないしは共同研究を行うものです.研究テーマとして新しい発想に基づく挑戦的なものを期待しますが,将来の産学連携のシーズとなることを志向した萌芽的なものも歓迎します.これまでの研究経過や実績は重視しません.応募の際は,予め関係する本研究所または九州大学の他部局の研究者と連絡を取り,協議をした上で計画を立てて下さい.必要に応じ、採択後,本研究所が適当な産業界の研究者をアドバイザーとして紹介します.研究終了後には,A4で5ページ程度の成果報告書を提出していただきます.
    応募の流れ

応募方法
研究代表者の方は,本ウェブページの電子申請システムを使って応募してください.

選考方法と採否の連絡
学外有識者と学内教員(本研究所所員を含む)8名ずつで構成される共同利用・共同研究委員会において審査の上,採否を決定し,研究代表者へ連絡します.共同利用・共同研究委員会のメンバーについては,研究所のウェブページをご参照下さい.

    採択結果
平成30年度の公募を行いました.
申請された提案は共同利用・共同研究委員会において審議され,その結果,以下の利用計画が採択されました.
※ 研究代表者や参加者の所属は申請時のものを記載しています.

一般研究_研究集会(II) (5件)
(1)
研究計画題目:結晶転位の先進数理解析
研究代表者:松谷 茂樹(佐世保工業高等専門学校 数理情報科・教授)
研究実施期間:平成30年9月10日(月)~ 平成30年9月11日(火)
詳細はこちら

(2)
研究計画題目:ドレスト光子に関する基礎的数理研究
研究代表者:佐久間弘文((一社)ドレスト光子研究起点・理事)
研究実施期間:平成31年3月20日(水)~ 平成31年3月21日(木)
詳細はこちら

(3)
研究計画題目:量子情報社会に向けた数理的アプローチ
研究代表者:高島克幸(三菱電機 情報技術総合研究所 松井暗号プロジェクトG・主席技師長)
研究実施期間:平成30年9月17日(月)~ 平成30年9月19日(水)
詳細はこちら

(4)
研究計画題目:コンクリート建造物の非破壊検査とその周辺
研究代表者:滝口孝志(防衛大学校 数学教育室・准教授)
研究実施期間:平成30年10月23日(火)~ 平成30年10月26日(金)
詳細はこちら

(5)
研究計画題目:数理農学における時系列データのモデル化と解析
研究代表者:Koichi Unami(京都大学・農学研究科・准教授)
研究実施期間:平成30年11月5日(月)~ 平成30年11月7日(水)
詳細はこちら

一般研究_短期共同研究 (4件)
(1)
研究計画題目:血栓数理モデルと同シミュレーター開発
研究代表者:杉山由恵(九州大学・数理学研究院・教授)
研究実施期間:平成30年7月16日(月)~ 平成30年7月20日(金)
詳細はこちら

(2)
研究計画題目:多目的最適化と特異点論:パレート点の特異型の分類
研究代表者:濱田直希(株式会社富士通研究所・発見数理技術PJ・研究員)
研究実施期間:平成30年9月3日(月)~ 平成30年9月7日(金)
詳細はこちら

(3)
研究計画題目:離散微分幾何の新展開.意匠設計から建築設計へ
研究代表者:井ノ口順一(筑波大学・数理物質系・教授)
研究実施期間:平成30年9月13日(木)~ 平成30年9月15日(土)
詳細はこちら

(4)
研究計画題目:造船工学における曲面幾何
研究代表者:山口 大介(株式会社エス・イー・エー創研 船舶設計システム開発チーム・主任)
研究実施期間:平成30年8月20日(月)~ 平成30年8月24日(金)
詳細はこちら

一般研究_短期研究員 (1件)
(1)
研究計画題目:制約付き最適化問題に向けたアニーリングマシンの活用
研究代表者:奥山 拓哉(株式会社日立製作所・研究員)
研究実施期間:平成30年8月23日(木)~ 平成30年8月28日(火)
詳細はこちら

若手研究_短期研究員 (1件)
(1)
研究計画題目:ブラックホール時空上のアーノルド拡散について
研究代表者:友田健太郎(大阪市立大学数学研究所・専任研究員)
研究実施期間:平成30年8月3日(金)~ 平成30年8月10日(金)
詳細はこちら


過去の採択結果はこちら
    共同利用に関するお問合せ先

問合せ先

    過去の公募要領
参考程度にご覧下さい.

・平成30年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:40KB / PDF形式:288KB)
・平成29年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:40KB / PDF形式:269KB)
・平成28年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:36KB / PDF形式:269KB)
・平成27年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:40KB / PDF形式:159KB)
・平成26年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:42KB / PDF形式:163KB)
・平成25年度後期共同利用研究計画公募要領(Word形式:36KB / PDF形式:148KB)
・平成25年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:36KB / PDF形式:146KB)
・平成24年度後期共同利用研究計画公募要領(Word形式:32KB / PDF形式:134KB)
・平成24年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:34KB / PDF形式:145KB)
・平成23年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:31KB / PDF形式:105KB)