研究集会・ワークショップ・国際会議

新世代暗号の設計・評価

  • 開催時期: 2021-11-16 13:20 - 2021-11-17 16:50
  • 場所: 九州大学 伊都キャンパス ウエスト1号館 D棟 4階 IMIオーディトリアム(W1-D-413)とZoomミーティングのハイブリッド型

※マス・フォア・インダストリ研究所 共同利用研究の公開プログラムです.

※九州大学 伊都キャンパスとZoomミーティングによるハイブリッドで開催されます.

研究代表者

北陸先端科学技術大学院大学

王 イントウ

 

2021年度採択 若手研究-短期共同研究

採択課題名 格子暗号の実用化に向けた研究

 

※研究実施期間:2021年11月15日(月)-11月19日(金)

※公開日:2021年11月16日(火)-11月17日(水)

オンデマンド配信

1日目(11月16日)

2日目(11月17日)

 

※視聴には氏名とメールアドレスの登録が必要ですがどなたでもご覧いただけます。

※動画のダウンロードはできません。

 

//本オンデマンド配信の視聴に際し、以下の行為については固く禁じます//

 

※個人の利用及び二次利用など、いかなる理由に関わらず、無断でパソコン・カメラ・

 スマートフォンなどの記録媒体にデータを保存すること(スクリーンショットを含む)
※視聴サイトに掲載の発表データ(スライド、画像、動画など)を無断で引用・転載等をすること

講演スライド

草川 恵太(2.27 MB)

安田 雅哉 (4.60 MB)

Chitchanok Chuengsatiansup(577 KB)

勝又 秀一 (2.69 MB)

岡田 怜士(2.80 MB)

プログラム

【主要言語:日本語】


11月16日(火)

 

13:25-13:30  

オープニング

 

13:30-14:30  

藤原 幹生(NICT量子ICT研究室・室長)

超長期セキュア分散ストレージシステム 量子セキュアクラウドの紹介

 

14:35-15:35

草川 恵太 (NTT社会情報研究所・主任研究員)

格子暗号への平文・鍵確認オラクルを用いた鍵回復攻撃とサイドチャネル攻撃・故障利用攻撃

 

15:40-16:45

安田 雅哉 (立教大学・准教授)

格子基底簡約とその大規模並列化の紹介

 

11月17日(水)

13:30-14:30  

Chitchanok Chuengsatiansup (The University of Adelaide・講師)

Optimizing Lattice-based Cryptography

 

14:35-15:35

勝又 秀一 (AISTサイバーフィジカルセキュリティ研究センター・主任研究員)

A New Simple Technique to Bootstrap Various Lattice Zero-Knowledge Proofs to QROM Secure NIZKs

 

15:40-16:40

岡田 怜士 (東京大学・博士前期課程)

Misuseシナリオにおける格子暗号への秘密鍵・乱数復元攻撃

 

16:40-16:45  

クロージング

申込方法

 
参加無料

事前申込制(Zoomミーティング100名まで)

 

\下記URLより参加登録をお願いいたします/

https://forms.gle/55Gi9mJDpsPocTsQ9

 

参加登録後に件名[九大IMIより]Zoom用URLのお知らせというメールがimikyoten@gmail.comから自動配信されます。

届いていない方は、お手数をおかけしますがもう一度ご登録いただくか下記にメールにてご連絡をお願い申し上げます。

(迷惑メールフォルダもご確認お願いいたします)

 

<九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 共同利用・共同研究拠点事務室>

imikyoten@jimu.kyushu-u.ac.jp

Zoomからご参加の方

開催日までにZoomアプリをインストールしてください。

Zoomアプリは無料版で問題なくご視聴いただけます。

 

ミーティング用Zoomクライアントのダウンロードは下記からお願いします。

すでにインストールされている方は最新版にアップデートをお願いいたします。

https://zoom.us/download#client_4meeting

 

パソコンやスマホへのインストール方法は下記をご参照ください。

https://zoom.nissho-ele.co.jp/blog/manual/zoom-install.html