研究部門

応用理論研究部門



応用理論研究部門では, 既にある数学的手法に磨きをかけた数学技法の開発とともに, 数学の持つ普遍性が十分に発揮されるような広汎な応用を見据えた理論を探求します. 特に, 社会(産業界)との連携研究の充実・促進とともに, 社会的要請にもとづく戦略的研究テーマの開拓と研究推進を図ります. また, 数理的な研究に携わる大学院生の長期インターンシップや人材交流を通じ, 技術に潜む新たな産学連携研究テーマの発掘を目指し問題の定式化を行います. さらに, 学内外他分野からの(数学として定式化されていない)数理的問題に関する技術相談に応じるとともに, 共同研究, 連携融合研究の可能性を検討し, その芽を育みます.

応用理論研究部門 所員一覧


梶原 健司 (教授) ... 離散微分幾何,可積分系,パンルヴェ系,離散・超離散系

福本 康秀 (教授) ... 流体力学、渦運動、電磁流体力学、非線形現象解析

千葉 逸人 (准教授) ... 力学系理論、常微分方程式、非線形発展方程式

手老 篤史 (准教授) ... 数理モデリング・適応ネットワーク・多重リズム

松江 要 (助教) ... 力学系,数値解析,精度保証付き数値計算,特異摂動論,微分方程式(爆発解,衝撃波),特異点,トポロジー(計算機援用を含む),量子ウォーク,トポロジー最適化,燃焼