マス・フォア・インダストリ研究所

セミナー



リスト 全て(掲示受付分)(1730) 今日・明日のセミナー(0)

IoT時代に求められるネットワーク形成技術の方向性と課題


開催時期 2016-05-11 16:45~2016-05-11 17:45

場所 九州大学 伊都キャンパス ウエスト1号館 4階 IMIオーディトリアム (W1-D-413)

受講対象  

講師 岩尾 忠重 (富士通株式会社,IMI富士通ソーシャル数理共同研究部門 訪問教授)

5月 IMI Colloquium
 
日時:2016年5月11日(水)
         16:45-17:45
 
場所:九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 ウエスト1号館 4階
          IMIオーディトリアム(W1-D-413)(円形階段教室)
 
講師:岩尾 忠重 氏 (富士通株式会社,IMI富士通ソーシャル数理共同研究部門 訪問教授)
 
講演タイトル:IoT時代に求められるネットワーク形成技術の方向性と課題

講演要旨:
本格的なIoT時代が到来しつつある。IoTではモノが互いに連携し人の社会をより豊かにすることが期待されている。IoTが完成された社会では、すべてのモノが互いに通信し、現実に起こっている事象をビッグデータとして蓄積や状況に応じてモノ同士が連携し人々にサービスを提供する。そのIoTを支える1つの技術はネットワーク形成技術である。IoTではモノとモノが通信するため大規模かつ複雑なネットワーク形成をする必要があり、さらに通信メディアとして不安定な無線を用いる必要が出てくる。このようなネットワークを形成するには1つ1つのノードに外部からルーティング情報を設定することはもはや不可能であり、自律的にネットワークを形成することが求められる。従来のネットワークの形成技術だけでIoTのネットワークを支えることが果たして可能なのだろうか?本講演ではIoT時代に求められるネットワーク形成技術について、従来のネットワーク形成の問題点に言及し、IoT時代に必要とされる技術と方向性およびその課題について述べる。
 


5月 IMI Colloquium (2016/5/11開催)報告