新着情報詳細

藤澤教授がソフトバンク株式会社、株式会社豆蔵とデータの品質を数学的に判定する「データ格付け」の実現に向けた共同研究を開始

プレスリリース


九州大学マス・フォア・インダストリ研究所の藤澤 克樹教授、ソフトバンク株式会社、および株式会社豆蔵は、企業や自治体、教育・研究機関などで蓄積されているさまざまなデジタルデータ(以下「データ」)について、データの品質を数学的な理論を用いて客観的に判定し、格付けとして明示する「データ格付け」の実現に向けた共同研究を11月から開始しました。3者は、「データ格付け」により産官学が保有するデータの品質を明確化することで、データの相互利用の促進や、データ流通市場の活性化を目指します。


また、共同研究の開始に伴って、「デジタル・ニッポンの実現に向けたデータ格付け数理基盤に関するシンポジウム」を、2020年12月14日の午後1時から実施します(主催:九州大学)。このシンポジウムでは、九州大学、ソフトバンクおよび豆蔵の他、データの活用や研究に携わるゲストによる講演を予定しています。当日はオンライン(Zoom)での開催を予定しており、事前に申し込みをした方はどなたでも参加いただけます。シンポジウムの詳細および参加方法は、下記のウェブサイトをご覧ください。


詳細は

九州大学プレスリリース(2020/11/26) https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/notices/view/1787

ソフトバンク株式会社(2020/11/26) https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2020/20201126_02/

株式会社豆蔵(2020/11/26) https://www.mamezou.com/news/press-release/20201126

シンポジウムHP