新着情報詳細

知の拠点セミナーでの活動報告

研究集会・セミナー


2019年9月20日に京都大学東京オフィス(東京都千代田区)で知の拠点セミナーが開催されました。知の拠点セミナーは、国立大学共同利用・共同研究拠点協議会が主催し、広く一般の方々や学生に向けたセミナーで、30の国立大学の79拠点が持ち回りで講演および運営を担当しています。
http://www.kyoten.org/seminar/

IMIからは、鍛冶静雄 准教授が以下の講演を行いました。

第90回 知の拠点セミナー(2019年9月20日(金)開催)
Design Shapes with Topology

人間の持つ俯瞰的な空間把握を、コンピューターにも理解できるように厳密に記述することは可能だろうか。数学の一分野であるトポロジーは、その一つの手段を提供する。この講演では、トポロジーを使って、形状やその動きを解析する研究について紹介した。特に、CGや工業意匠における三次元モデルのデザイン、折り紙、動力伝達の機構の解析について、具体的な話題を通じて、現代数学が形状デザインに応用される様子を示した。


講演後は、質疑応答の時間が設けられ、活発な議論が交わされました。

 
※ 写真を掲載しました.クリックすると大きな写真が表示されます.