共同利用

公募案内



本研究所は日本初の産業数学の研究所であり,多様な数学研究に基礎を置く,新しい産学連携の拠点として平成23年4月に附置研究所として設立されました.平成25年4月には文部科学大臣から共同利用・共同研究拠点「産業数学の先進的・基礎的共同研究拠点」に認定され,理念である「マス・フォア・インダストリ」の具現化を推進しているところです.拠点の中核事業の一つとして,本研究所では公募制の共同利用研究事業を実施しています.年に1回(11月〜1月頃)研究計画を公募しています.

応募に必要な情報は以下の通りです.
なお,採択された研究計画について,*のついた項目は本ウェブページで公開される予定です.

・研究計画題目*
・種別*(研究集会Ⅰ,Ⅱ,短期共同研究または短期研究員)
・研究代表者の氏名*,所属*および部局名,職名*,連絡先,e-mailアドレス,連絡先電話番号など
・旅費希望額
・研究実施期間(第3希望まで入力すること)
・組織委員(研究集会ⅠもしくはⅡの場合),または参加者(短期共同研究の場合)の氏名*,所属*,職名*
・主な招待講演者(研究集会ⅠもしくはⅡの場合のみ)の氏名,所属,職名
・研究計画に専門分野が関係する本研究所員の氏名(複数可,該当がない場合記入しなくてもよい)
・目的と期待される成果*(詳細に記入すること.500字~700字程度.)
・関連する研究の経過(300字~400字程度.)
・具体的な計画(日程やプログラムの具体的な編成方針,経費の使用計画なども含む.300字~400字程度.)
・参加予定者の主要な関連する研究業績(5件程度)
・研究分野のキーワード*(複数可)
・備考(共催機関など)
[ 若手研究に応募する場合のみ ]
・履歴書(写真不要,学歴は学部卒業以降でよい)
・研究業績リスト(論文,口頭発表,特許,受賞歴など)

 

提案書の編集・閲覧及び報告書の提出・編集    2019年度はこちら. 2020年度はこちら.

公募する研究種目

詳細については公募要領をご覧ください.

●募集する研究種別:
(1)プロジェクト研究 :特定のテーマに関する研究計画を公募します.
平成31年度テーマ「AI社会の高度化を支える数理の深化と情報基盤技術との連携」
プロジェクト代表者:森永聡(日本電気中央研究所),河原吉伸(大阪大学産業科学研究所)

(2)若手研究 :研究代表者として平成31年4月1日時点で博士号取得後
5年以下の若手研究者および大学院生を対象に公募を行います.

(3)一般研究 :研究分野を特に指定せずに公募します.

    ●研究種別ごとの研究種目:
       プロジェクト研究は短期共同研究1件,短期研究員1名程度を公募します.
       若手研究は,短期共同研究2件程度を,一般研究は研究集会(I)3件,研究集会(II)2件,
       短期共同研究3件,短期研究員4名程度を公募します.

 

  研究集会(I) 研究集会(II) 短期共同研究 短期研究員 合計
プロジェクト研究     1 1 2
若手研究     2   2
一般研究 3 2 3 4 12
合計 3 2 6 5 16

 

プロジェクト研究_短期共同研究

特定のテーマに関する研究計画を公募します.
本研究所において,数名のグループで1週間程度の実質的な共同研究を行うものです.研究テーマとして,個々の企業の知的財産に直結するような狭い問題よりは,複数の企業や研究機関の研究者が協力して取り組めるような,ある程度の普遍性をもった問題を重視します.また,産学連携を推進するために原則として産業界からの参加者を含めることとし,共同研究実施中に講演などの一部を公開できるように計画してください.研究終了後には研究代表者にA4で10ページ程度の成果報告書を提出していただきます.

プロジェクト研究_短期研究員

特定のテーマに関する研究計画を公募します.
本研究所に1週間から2週間程度滞在し,本研究所を中心とする九州大学に所属する教員と緊密に連絡を取りながら単独での研究ないしは共同研究を行うものです.研究テーマとして,短期共同研究や研究集会につながることが期待されるような萌芽的な課題,あるいは企業等での研究開発現場で生起した,集中的な共同研究が問題の解決やその糸口につながるような課題など,近い将来,産業数学や産学連携の新たなシーズとなるような課題を歓迎します.応募の際は,予め関係する本研究所または九州大学の他部局の研究者と連絡を取り,協議をした上で計画を立てて下さい.研究終了後には,A4で5ページ程度の成果報告書を提出していただきます.

一般研究_研究集会(I)

研究分野を特に指定せずに公募します.
本研究所もしくは九州大学の施設において,数日間の研究集会を公開で行うものです.内容や規模に応じて(I), (II)の2種に分かれていますが,研究テーマが課題として認知され,産学連携も視野に入れた展開が可能なものを主としてこのカテゴリーで審査します.組織委員会の委員と講演者には,それぞれ産業界からの参加を必須とします.また国際連携を進めるため,招待講演者として外国人を1名以上含めることが望ましいです.研究集会終了後には研究代表者にA4で2ページ程度の成果報告書を提出していただき,また,会議録を出版していただきます.会議録は原則として本研究所のウェブページで公開します.旅費,会場費,ポスター作成,会議録の出版などの経費を本研究所が負担します.

一般研究_研究集会(II)

研究分野を特に指定せずに公募します.
本研究所の施設において,数日間の研究集会を公開で行うものです.研究テーマが研究集会(I)よりは萌芽的な色彩が強いものをこのカテゴリーで審査します.組織委員会の委員と講演者には,それぞれ産業界からの参加を必須とします.また国際連携を進めるため,招待講演者として外国人を1名以上含めることが望ましいです.研究集会終了後には研究代表者にA4で2ページ程度の成果報告書を提出していただき,また,会議録を出版していただきます.会議録は原則として本研究所のウェブページで公開します.旅費と会議録の出版などの経費を本研究所が負担します.

一般研究_短期共同研究

研究分野を特に指定せずに公募します.
本研究所において,数名のグループで1週間程度の実質的な共同研究を行うものです.研究テーマとして,個々の企業の知的財産に直結するような狭い問題よりは,複数の企業や研究機関の研究者が協力して取り組めるような,ある程度の普遍性をもった問題を重視します.また,産学連携を推進するために原則として産業界からの参加者を含めることとし,共同研究実施中に講演などの一部を公開できるように計画してください.ただし,研究発表が主となるような計画は上記の研究集会のカテゴリーに応募してください.研究終了後には研究代表者にA4で10ページ程度の成果報告書を提出していただきます.

一般研究_短期研究員

研究分野を特に指定せずに公募します.
本研究所に1週間から2週間程度滞在し,本研究所を中心とする九州大学に所属する教員と緊密に連絡を取りながら単独での研究ないしは共同研究を行うものです.研究テーマとして,短期共同研究や研究集会につながることが期待されるような萌芽的な課題,あるいは企業等での研究開発現場で生起した,集中的な共同研究が問題の解決やその糸口につながるような課題など,近い将来,産業数学や産学連携の新たなシーズとなるような課題を歓迎します.応募の際は,予め関係する本研究所または九州大学の他部局の研究者と連絡を取り,協議をした上で計画を立てて下さい.研究終了後には,A4で5ページ程度の成果報告書を提出していただきます.

応募の流れ

1. 応募方法
研究代表者の方は,本ウェブページの電子申請システムを使って応募してください.

2. 選考方法と採否の連絡
学外有識者と学内教員(本研究所所員を含む)8名ずつで構成される共同利用・共同研究委員会において審査の上,採否を決定します.プロジェクト研究はプロジェクト代表者が審査し,共同利用・共同研究委員会で採否を決定します.プロジェクト研究として採択されなくとも,一般研究として採択する場合もあります.採否は翌年2月末までに申請者にお知らせします.

    採択結果
過去の採択結果はこちら

共同利用に関するお問合せ先

過去の公募要領

参考程度にご覧下さい.

・平成31年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:45KB / PDF形式:369KB)
・平成30年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:40KB / PDF形式:288KB)
・平成29年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:40KB / PDF形式:269KB)
・平成28年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:36KB / PDF形式:269KB)
・平成27年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:40KB / PDF形式:159KB)
・平成26年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:42KB / PDF形式:163KB)
・平成25年度後期共同利用研究計画公募要領(Word形式:36KB / PDF形式:148KB)
・平成25年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:36KB / PDF形式:146KB)
・平成24年度後期共同利用研究計画公募要領(Word形式:32KB / PDF形式:134KB)
・平成24年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:34KB / PDF形式:145KB)
・平成23年度共同利用研究計画公募要領(Word形式:31KB / PDF形式:105KB)