マス・フォア・インダストリ研究所

研究集会・ワークショップ・国際会議



研究集会・ワークショップ・国際会議(一覧)

食と流通のしくみをデザインする数理技術と現場介入


開催時期 2015-12-02 13:00~2015-12-03 12:20

場所 〒812-8510 福岡県福岡市博多区東比恵3-1-2 東比恵ビジネスセンター 富士通株式会社 九州支社

文部科学省委託事業「数学協働プログラム」ワークショップ
食と流通のしくみをデザインする数理技術と現場介入
URL:http://imi.kyushu-u.ac.jp/~kira/ws/food/

主催:九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所
共催:
数学・数理科学と諸科学・産業との協働によるイノベーション創出のための研究促進プログラム(数学協働プログラム)
九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 富士通ソーシャル数理共同研究部門

キーワード:社会システムデザイン、買い物弱者支援、農家所得向上

趣旨と目的:  この数年で、科学技術政策や企業ビジネスの焦点が「ものづくり」から「社会的課題」へと移行するなかで、その実質的なソリューションを生み出す数理技術の発展に大きな期待が寄せられている。しかし、現状では実利のある技術開発の成功例は皆無に等しく、その原因は主として、数学・数理科学分野の研究者は強力な武器を持っているにもかかわらず、実現場への介入ノウハウを共有していないことにある。平成26年度のワークショップ「社会システムデザインのための数理と社会実装へのアプローチ」では、農業・医療・都市などの社会的課題に取り組む数学・数理科学分野の研究者が集い、実データ利用や現場要求抽出などの課題が共有された。一方で、社会的課題に対する万能な現場介入の方法論は存在しないことも明らかになった。    今後は、社会システムの各領域の特性を踏まえて研究者と現場のステークホルダーが協働して技術開発を進める必要がある。その第一弾として、本ワークショップを開催する。食の中心である農業分野では、2020年までにIT技術が現在の2倍以上の導入が見込まれており、数理技術の高度化に高いニーズがある。しかしながら、食を含む流通は生産者・消費者をなどの人間活動が絡み合った複雑な「コト」を扱う問題であり、単純な最適化問題へと落とすことは難しい。そのため、これまで「モノ」の在庫や配送に対して強固な解を与えてきた従来の数理モデルのみの接近では限界がある。本ワークショップでは、食と流通に関する地域状況をよく知る現場の研究者・専門家と強力な数理技術を持つ研究者が互いの知を共有し議論を行うことで、この複雑な問題に対するアプローチを見つけることを目指す。
 
 開催期間  2015年12月2日 (水)~3日 (木)
 
 開催場所  〒812-8510 福岡県福岡市博多区東比恵3-1-2 東比恵ビジネスセンター
 富士通株式会社 九州支社
 アクセスについてはこちらをご覧ください.
 
 参加登録  参加費は無料ですが参加登録が必要です.
 詳細はホームページをご覧ください.
 
 世話人  神山 直之 (九州大学マス・フォア・インダストリ研究所/JST さきがけ)
 大堀 耕太郎 ((株)富士通研究所/九州大学マス・フォア・インダストリ研究所)
 吉良 知文 (九州大学マス・フォア・インダストリ研究所)
 
 プログラム  12月2日(水)

 13:00 - 13:15   開会挨拶および趣旨説明
 13:20 - 14:20   招待講演  鳥海 重喜 (中央大学)
 14:30 - 15:30   招待講演  嶋崎 真仁 (秋田県立大学)
 15:50 - 16:50   招待講演  山崎 富弘 (富士通株式会社)
 17:00 - 18:00   招待講演  宮下 和雄 (産業技術総合研究所)


 12月3日(木)

 10:00 - 11:00   招待講演  本間 健太郎 (東京大学)
 11:10 - 12:10   招待講演  蓮池 隆 (早稲田大学)
 12:10 - 12:20   閉会