マス・フォア・インダストリ研究所

セミナー



リスト 全て(掲示受付分)(1337) 今日・明日のセミナー(2)

ソフトウェア開発現場における少ないデータから高速に有効な結果を得るための手法の事例紹介


開催時期 2017-04-12 16:45~2017-04-12 17:45

場所 九州大学 伊都キャンパス ウエスト1号館 4階 IMIオーディトリアム (W1-D-413)

受講対象  

講師 松田 明秀 (株式会社アメリオ)

4月 IMI Colloquium
 
日時:2017年4月12日(水)
         16:45-17:45
 
場所:九州大学 マス・フォア・インダストリ研究所 ウエスト1号館 D棟 4階
         IMIオーディトリアム(W1-D-413)(円形階段教室)
 
講師:松田 明秀 氏 (株式会社アメリオ)
 
講演タイトル: ソフトウェア開発現場における少ないデータから高速に有効な結果を得るための手法の事例紹介

 講演要旨:
設計や製造の現場における、不完全な入力データからそれなりの検討結果を得る解析事例、また、製造に十分なレベルの計算結果を求める, 以下の事例について紹介する.
 ・  最近の機械にはワイヤーハーネスが多く使用されていることが多い。しかし、可動部のハーネスの配線を設計する段階で、ワイヤーハーネスの必要な長さや、その長さで可動部が稼働した場合に、重力の考慮もしたうえでどのような挙動になるかを材料特性値(ヤング率など)を使用せずにリアルタイムに評価した事例
 ・  生産現場では、インライン状態でロボットが物体の形状を読み取って溶接箇所やそれに必要な溶接材料量を瞬時に判断し溶接する事例
 ・  医療現場においては、CTやMRIが使用できない態勢でレントゲン1枚から3次元解析をおこない関節の状態の判断を支援する事例
 


4月 IMI Colloquium (2017/4/12開催)報告