新着情報詳細

IMIにて「エネルギー展望」に関する対談が実施されました。

IMI ニュース


九州大学カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(WPI-I2CNER)に燃焼理論の大家であるMoshe Matalon教授(イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校)が来訪されたことを受け、2017年10月30日、Matalon教授とIMIの福本康秀所長、IMI・I2CNERの松江要助教による3者対談が実施されました。
本対談では個々の研究者の数学のバックグラウンドから燃焼・風力発電への数学的アプローチ、現実のエネルギー問題に対する数学の関わり方などが議論されました。

本対談の内容はI2CNERの広報誌 ”Energy Outlook” に掲載される予定です。