共同利用

領域分割法による超大規模計算の産業界への浸透


種別 研究集会(I)
研究計画題目 領域分割法による超大規模計算の産業界への浸透
研究代表者 金山 寛(九州大学大学院工学研究院・教授)
研究実施期間 平成24年10月12日(金)~ 平成24年10月13日(土)
研究分野のキーワード 偏微分方程式の数値解析、有限要素法、領域分割法、大規模計算
目的と期待される成果  研究代表者は1998年度から日本学術振興会の未来開拓学術研究推進事業「設計用大規模計算力学システムの開発」(通称ADVENTUREプロジェクト)に参画し、電磁場解析モジュールADVENTURE_Magnetic、流れ解析モジュールADVENTURE_sFlow等のいくつかの機能をオープンソースソフトウェアとして公開してきた。これらの研究はその後2003年度から3年間科学研究費の援助等を受け、広くその存在が世に知られ、産業界でも大規模解析の本命として注目されるようになっている。本研究集会ではこれまでの成果を踏まえ、ADVENTUREシステム並びに関連する技術の最新状況を概観し、次世代スーパーコンピュータ京の活用も視野に入れながら、わが国が世界に誇るべき公開ソフトウェアの全貌を明らかにすると同時に、産業界への浸透を画策しながらアジア・アフリカを中心とした国際的な技術展開を強化するためのキックオフを行う予定である。
組織委員(研究集会)
参加者(短期共同利用)
田端 正久(早大 理工学術院・教授)
中尾 充宏(佐世保高専・校長)
藤野 清次(九大情報基盤研究開発センター・教授)
田上 大助(九大 IMI・准教授)
渡部 善隆(九大情報基盤研究開発センター・准教授)
浅井 光輝(九大 工学研究院・准教授)
荻野 正雄(名大 情報基盤センター・准教授)
秋葉 博(アライドエンジニアリング・社長)
三好 昭生(インサイト・社長)
成果報告書 【Web公開】成果報告書_共20120006.pdf